Saltar al contenido principal
Inglés
Japonés

iMac Intel 21.5インチ EMC 2544 ディスプレイの交換

Información de Guía

= Hecho = Incompleto

      Describe la parte específica o el componente específico de este device en que estás trabajando. Ex: Batería

      Crear un título.

      Este breve resumen de 1-2 oraciones aparecera en los resultados de búsqueda.

      Comunica información antes de que el lector empieze a leer la guía.

      Pasos de Guía

      Paso 1

      ヒンジを外すと、iMacはアンバランスな状態になり、作業がしにくくなります。修理自体には問題ありませんが、作業をより早く、効率よくするには iMacサービスウェッジを使うと良いでしょう。

      Paso 2

      パワーボタン付近のディスプレイ左側からiMac開口ツールをガラスパネルとリア筐体の間に差し込み、作業を始めます。

      Paso 3

      ピザカッターのようにツールを使いますー隙間に沿ってスライスしながら、フォーム製接着剤を切り込んでください。

      Paso 4

      左側コーナー上部周辺までスライスします。

      Paso 5

      ディスプレイ上部左側からスライスします。

      Paso 6

      ディスプレイ上部に沿って開口ツールをスライスします。

      Paso 7

      ディスプレイ上部の右側コーナー周辺までツールをスライスします。

      Paso 8

      ディスプレイの右側に沿ってツールを上部から下側に向けてスライドします。

      Paso 9

      ディスプレイ右側の下部まで開口ツールをスライスさせてここで作業を終えます。

      Paso 10

      開口ツールがディスプレイ上の接着剤の大部分を切断できても、ディスプレイはわずかにケースに装着されたままです。残りの接着剤から完全に乖離するため、プラスチックカードを使用してください。

      Paso 11

      ディスプレイとフレームの間に隙間を作るように、丁寧にプラスチックを外側に向けてひねります。

      Paso 12

      残りの接着剤を乖離させながら、iMacの上部右側コーナーからディスプレイ中央に向けてプラスチックカードをスライドします。

      Paso 13

      接着剤が再装着するのを防ぐため、ディスプレイ上部右側コーナー付近にプラスチックカードを差し込んだままにします。

      Paso 14

      2枚目のプラスチックカードをiMac上部左側付近のディスプレイとフレームの隙間に差し込みます。

      Paso 15

      ゆっくりとカードを上向きにツイストして、ディスプレイとフレームの間の隙間を広げます。

      Paso 16

      プラスチックカードを中央に向けてゆっくりとスライドして、iSightカメラの手前で止めます。

      Paso 17

      プラスチックカードを左側上部コーナーの裏側に差し込みます。

      Paso 18

      コーナー付近に差し込んだ2枚のプラスチックカードを手に取り、ディスプレイとケースの間の隙間を広げるようにカードを外側に向けてツイストします。

      Paso 19

      手でディスプレイのパワーケーブルの接続を外します。ケーブルをプラスチックタブから引っ張っているか確認してください。色のついたワイヤを引っ張らないでください。

      Paso 20

      スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータケーブル上のメタル製固定ブラケットを裏返します。

      Paso 21

      ディスプレイを左右均等に持ち上げます。

      Paso 22

      必要に応じて、プラスチックカードを使って接着ストリップの残りの部分を切断してください。

      Paso 23

      ディスプレイをフレームから持ち上げて、iMacから外します。

      Tus contribuciones son autorizadas bajo la licencia de código abierto de Creative Commons.