Saltar al contenido principal
Inglés
Japonés

Mac Pro 2019の分解

Información de Guía

= Hecho = Incompleto

    Describe la parte específica o el componente específico de este device en que estás trabajando. Ex: Batería

    Crear un título.

    Este breve resumen solo aparecerá en los resultados de búsqueda.

    Comunica información antes de que el lector empieze a leer la guía.

    Pasos de Guía

    Paso 1

    多くのYouTuberに試供されたトップレベルのモデルでは無いかもしれませんが、私たちのMacPro ベースモデルでも、さすがに6000ドルもすればあなたのお財布がすぐに擦り減ってしまうでしょう。スペックは以下の通りです。

    Paso 2

    側面から見ると、Mac ProのAppleは実物のリンゴぐらいの大きさです。なんとも巨大です。Appleロゴ?チェック済。冷たくて硬いステンレス鋼?チェック済。精密に仕上げられたアルミ板?チェック済。

    Paso 3

    分解前に、友人のCreative Electronに頼んで、このMac Proを彼らのX線装置に入れて撮影してもらいました。

    Paso 4

    チーズグレーターのような外観にもかかわらず、この新しいMac Proではチーズを下ろせません。この重要なユーザー向けアドバイスは、iFixitによる提供です。しかし、私たちが思うのは、”なぜ、メーカーたちは、レビュー用新製品を私達に届けてくれないのかな…?”

    Paso 5

    ハウジングをスライドすれば、とても簡単に外れます。専用のネジや接着剤は見当たりません!

    Paso 6

    ケースの中に不気味な黒いモジュールが並んでいて、胸騒ぎがしますが、最初のスイッチを引っ張って出てきたのは…

    Paso 7

    フットはたった1本のネジで固定されていますーネジ自体はスペースフレーム柱の凹み部分の奥深くに埋没されているため、ネジにアクセスするのは若干困難です。4 mmヘックスキーとMakoドライバーを使えば、より強いグリップで外せます。

    Paso 8

    I/Oボードはプラスつまみネジで固定されていて、手で緩めたり締めたり調整ができます。しかし、ここでも私たちのManta Driver Kitがいつものようにアシストしてくれます。

    Paso 9

    モジュールだらけです! I/O ボード、ビデオカード、電源全てが同じ側のケースから取り出せます。

    Paso 10

    分解アップデート:このカスタムAMD Radeon Pro 580Xビデオカードモジュールを詳細に見てみましょう。

    Paso 11

    なんと楽しいサプライズでしょう!ブロワーファンの筐体を外すと、とても小さなSSDが出てきます。

    Paso 12

    3つの軸流ファンアレイが単体になって出てきます。6本のネジで固定されており、バネコンタクトでロジックボードと繋がっています。作業を邪魔するケーブルはありません!

    Paso 13

    これは何でしょうか?小さなベビーモジュールです!DIMMスロット間に挟まっていて、スピーカーのように見えます。

    Paso 14

    電源ボタンに便利なポゴピンが使用されている一方で、ブレークアウトボードに繋がっているケーブルは、このモデルで使用されている数少ないケーブルの中の1本です。とても簡単にケーブルが外れるので、ロジックボードも簡単に取り出せます。

    Paso 15

    私達が分解しているベースモデルでは若干少ないようですが、それでもこの巨大な岩には数多くのシリコンが埋められています。

    Paso 16

    続いて、裏面です。

    Paso 17

    Mac Proの登場はFixmasのミラクルです。美しく、驚くほど賢明な組立デザインに加えて、修理のしやすさもトップクラスです。

    Paso 18 — リペアビリティ

    Mac Proの修理容易度は10段階中9です。(10が最も修理しやすい)

    Tus contribuciones son autorizadas bajo la licencia de código abierto de Creative Commons.