Saltar al contenido principal
Inglés
Japonés

MacBook Pro 13インチ Touch Bar Late 2016 ロジックボードアセンブリの交換

Información de Guía

= Hecho = Incompleto

      Describe la parte específica o el componente específico de este device en que estás trabajando. Ex: Batería

      Crear un título.

      Este breve resumen solo aparecerá en los resultados de búsqueda.

      Comunica información antes de que el lector empieze a leer la guía.

      Pasos de Guía

      Paso 1 — キーボードコネクタのネジを外します

      T3トルクスドライバーを使って、キーボードコネクタのブラケットから1.9 mmネジを2本外します。

      Paso 2

      キーボードコネクタのブラケットを取り出します。

      Paso 3 — キーボードの接続を外します

      スパッジャーを使って、ロジックボードからキーボードコネクタの接続をまっすぐ引き抜いて、接続を外します。

      Paso 4 — ディスプレイボードの接続を外す

      メインディスプレイケーブルの上にあるアルミカバーを固定している2.9mm T3トルクスネジ2本を外します。

      Paso 5

      ディスプレイケーブルフレックスコネクタの上にあるアルミカバーを固定している1.7mm T3トルクスネジ2本を外します。

      Paso 6

      ディスプレイボードのフレックスケーブルをソケットからまっすぐにこじ開けて、ディスプレイボードから外します。

      Paso 7 — Thunderboltポートのネジを外します

      T3トルクスドライバーを使用します。

      Paso 8 — Thunderboltポートの接続を外します

      スパッジャーを使って、左側Thunderboltポートコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げて、接続を外します。

      Paso 9 — 右側Thunderboltポートの接続を外します

      右側Thunderboltポートのコネクタにも同じ作業を繰り返します。内側端から慎重に押し出して、傍に寄せます。

      Paso 10 — Touch IDコネクタ用ネジを外します

      T3トルクスドライバーを使って、Touch IDを固定しているカバーブラケットと、3.5 mmオーディオジャックコネクタから1.9 mmネジを2本外します。

      Paso 11

      ブラケットを取り出します。

      Paso 12 — ヘッドホンジャックの接続を外します

      3.5 mm オーディオジャックのフレックスケーブルを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

      Paso 13 — Touch IDの接続を外します

      Touch IDと電源ボタンのフレックスケーブルを、ロジックボードからまっすぐ引き抜いて接続を外します。

      Paso 14 — Touch IDケーブルを温めます

      中程度に温めたiOpeneやヒートガンもしくはヘアドライやを使って、電源ボタン/Touch IDフレックスケーブルの下の接着剤を温めて柔らかくします。

      Paso 15 — Touch IDケーブルをこじ開けます

      開口ピックをフレックスケーブルの下に慎重に差し込んで、ロジックボードから乖離します。それからゆっくりと傍に寄せてください。

      Paso 16 — Touch Barデジタイザのネジを外します

      T3トルクスドライバーを使って、Touch Barデジタイザーのコネクタブラケットより1.9 mmネジを1本外します。

      Paso 17

      ブラケットを取り出します。

      Paso 18 — Touch Barデジタイザの接続を外します

      スパッジャーを使って、Touch Barデジタイザをロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

      Paso 19 — Touch Barディスプレイ用ネジを外します

      T3トルクスドライバーを使って、Touch Barディスプレイのコネクタブラケットから1.9 mm ネジを2本外します。

      Paso 20

      ブラケットを取り出します。

      Paso 21 — Touch Barディスプレイの接続を外します

      スパッジャーを使って、Touch Barディスプレイのコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げて、接続を外します。

      Paso 22 — マイクロフォンコネクタを露出します

      マイクロフォンコネクタのソケットを覆っているテープがあれば剥がして、コネクタを露出させます。

      Paso 23 — マイクロフォンの接続を外します

      マイクロフォンケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

      Paso 24

      マイクロフォンケーブルを引き抜いてーファンから離すようにーケーブルをソケットからスライドして外します。

      Paso 25

      左側ピンセットでコネクタを覆っているテープカバーがあれば剥がします。

      Paso 26 — 左側ピンセットで接続を外します

      左側ツイーターのZIFコネクタ用の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

      Paso 27

      ケーブルをツイーター側に向けて引き抜いて接続を外し、ソケットからスライドして取り出します。

      Paso 28

      ツイーターのフレックスケーブルの下には、2番目の左側メインスピーカー用ZIFコネクタが搭載されています。

      Paso 29 — 左側メインスピーカーの接続を外します

      左側メインスピーカーのZIFコネクタ用の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

      Paso 30

      左側メインスピーカーのケーブルをツイーター側に引き抜き、ソケットからスライドして外して接続を外します。

      Paso 31

      前の6つの手順を繰り返して、反対側のツイーターと右側のメインスピーカーの接続も外します。

      Paso 32 — 右側ツイーターの接続を外します

      右側ツイーターZIFコネクタ用の固定フラップをまっすぐ持ち上げて、ロジックボードから接続を外します。

      Paso 33

      ケーブルをツイーター側に向けて引き抜いて、ソケットからスライドして取り出して接続を外します。

      Paso 34

      右側メインスピーカー用のコネクタを覆っているテープがあれば、剥がしてください。

      Paso 35 — 右側メインスピーカーの接続を外します

      右側メインスピーカーのZIFコエンクタ用固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

      Paso 36

      右側メインスピーカーのケーブルをツイーター側に向けて引っ張り、ソケットからスライドして外します。

      Paso 37 — アンテナの接続を外します

      最初のアンテナケーブルを、ソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

      Paso 38

      前の手順を繰り返して、残りのアンテナケーブル2本についても接続を外します。

      Paso 39 — アンテナバンドル用ネジを外します

      T5トルクスドライバーを使って、アンテナケーブルバンドルを固定している2.9 mmネジを1本外します。

      Paso 40 — ロジックボードのネジを外します

      ロジックボードアセンブリを固定している10本のネジを外します。

      Paso 41 — ファンダンパーを剥がします

      2つのゴム製ファン用振動減衰ストリップをファンに固定するための接着剤から剥がします。(完全に外さないでください)

      Paso 42 — ロジックボードアセンブリを取り出します

      ロジックボードアセンブリはタイトに装着されていますが、左端の下にスパッジャーを差し込み、わずかに持ち上げると取り外しやすくなります。

      Paso 43 — ロジックボードの装着

      ロジックボードアセンブリをインストールする際は、

      Tus contribuciones son autorizadas bajo la licencia de código abierto de Creative Commons.