Saltar al contenido principal

Resumen del Video

Introducción

Google は”握るだけで操作することができる”機能を搭載したPixel 2 XL でスマートフォン市場に革命を起こしています。私たちは、分解でこのスマートフォンがいかに魅力的であるかを明らかにすることを望んでいます。Google の最新で最高の(そして最大の)スマートフォンの深みを測ってみましょう!

iFixitから発信される分解情報の一つ一つを掴みたいですか?FacebookTwitterTwitter日本語版をフォローしてください!

Este desmontaje no es una guía de reparación. Para reparar tu Google Pixel 2 XL, utiliza nuestros manuales de servicio .

  1. Google のハードウェアチームが最先端な技術を使用していることを簡単に説明します:
    • Google のハードウェアチームが最先端な技術を使用していることを簡単に説明します:

    • QHD+ 1400 x 2800 解像度 (538 dpi) および ゴリラガラス5を搭載した、6インチ、プラスチック OLED (POLED) ディスプレイ

    • オクタコア, 64ビット Qualcomm Snapdragon 835 プロセッサ (2.35 GHz + 1.9 GHz)、4 GB LPDDR4x RAM

    • 12.2 MP, f/1.8 デュアルピクセル位相検出オートフォーカスとレーザー検出オートフォーカスの背面カメラと8 MP の前面カメラ

    • 64GB または 128GB の内臓ストレージ

    • ここに翻訳を挿入する

    • IP67 の防水防塵性能

    • Android 8.0 Oreo

  2. 私たちの友人であるCreative Electronがカリフォルニア州サンマルコから、ロングドライブにもかかわらずX線撮影による情報を届けてくれました。 2番目の画像にあるように(赤色で囲ったパーツ)デバイス両側に特別に濃い長方形の影が見えます。場所からするとちょうど握る手があたる辺りのセンサーのようです。私たちのマグネットがケースを通してこのセンサーに引き寄せられました。でもこれらはマグネットではありません。秘密を解明するには取り出してみるしかありません。 オレンジで囲ったパーツ:バイブレーションのモーターが(またもや)リニアオシレーター(振動モーター)のように見えます。
    • 私たちの友人であるCreative Electronがカリフォルニア州サンマルコから、ロングドライブにもかかわらずX線撮影による情報を届けてくれました。

    • 2番目の画像にあるように(赤色で囲ったパーツ)デバイス両側に特別に濃い長方形の影が見えます。場所からするとちょうど握る手があたる辺りのセンサーのようです。私たちのマグネットがケースを通してこのセンサーに引き寄せられました。でもこれらはマグネットではありません。秘密を解明するには取り出してみるしかありません。

    • オレンジで囲ったパーツ:バイブレーションのモーターが(またもや)リニアオシレーター(振動モーター)のように見えます。

    • 裸眼では完全に見えませんが、Pixel 2 XLはアンテナバンドを搭載しています。リアケースの周囲に張り巡らされています。

    • X線画像でも確認できますが、ヘッドホンジャックが見当たりません

  3. Googleはユーザー向け広告の中で “ask more of your phone"(今の自分のスマートフォンに満足しないで)とプロモーションしていますが、カッコイイ  iPhone 7 Plus以上のものを求めるのは難しいでしょう。 でも、Pixel 2と比べるとPixel 2 XLにもっと多くの機能を期待できます。XLはベゼルがより狭くなり、スクリーンが全体に広がりました。 Pixel 2の標準2Dスクリーンと比べるとXL のスクリーンはユーザーにwhole ‘nother half dimension
    • Googleはユーザー向け広告の中で “ask more of your phone"(今の自分のスマートフォンに満足しないで)とプロモーションしていますが、カッコイイ iPhone 7 Plus以上のものを求めるのは難しいでしょう。

    • でも、Pixel 2と比べるとPixel 2 XLにもっと多くの機能を期待できます。XLはベゼルがより狭くなり、スクリーンが全体に広がりました。

    • Pixel 2の標準2Dスクリーンと比べるとXL のスクリーンはユーザーにwhole ‘nother half dimension

  4. 防水性能をスマートフォンに持たせるということはすべての進水ポイントを密封することです。Googleの一番最初の努力の結果をSIMトレイのガスケットの中に発見しました。 このスマートフォンは実際のSIMカードは必要ないのですが。 通常のスマートホンの開口手段とは別に、今回はiOpener を使用しません。なぜならPixel 2以降フォーム製テープが使用されているため、圧着剤で温めて剥がす必要がないからです。
    • 防水性能をスマートフォンに持たせるということはすべての進水ポイントを密封することです。Googleの一番最初の努力の結果をSIMトレイのガスケットの中に発見しました。

    • このスマートフォンは実際のSIMカードは必要ないのですが。

    • 通常のスマートホンの開口手段とは別に、今回はiOpener を使用しません。なぜならPixel 2以降フォーム製テープが使用されているため、圧着剤で温めて剥がす必要がないからです。

    • 内部に長いケーブルを発見しました。ー過去に開口したスマートフォンでは、神経を張り巡らせる作業が続くのですが、ここではありがたい休憩が待っています。

  5. 次のステップに進む前に、ディスプレイの接続を外さなければなりません。2本のケーブルがプラスチックのプラグでミッドフレームに繋がっています。このプラグは頑丈なメタル製ヘラのみでしか外すことができません。 オリジナルのPixel XLと同様、マグネシウム製ミッドフレームがデバイス本体内部とディスプレイ繋げています。 このミッドフレームはwhen you're candy crushing it、ディスプレイの背面を補強しています。 ミッドフレームに便乗して、新しいヒートパイプを発見しました!このスマートフォンは前モデルに比べると稼働中、若干熱くなるようです。
    • 次のステップに進む前に、ディスプレイの接続を外さなければなりません。2本のケーブルがプラスチックのプラグでミッドフレームに繋がっています。このプラグは頑丈なメタル製ヘラのみでしか外すことができません。

    • オリジナルのPixel XLと同様、マグネシウム製ミッドフレームがデバイス本体内部とディスプレイ繋げています。 このミッドフレームはwhen you're candy crushing it、ディスプレイの背面を補強しています。

    • ミッドフレームに便乗して、新しいヒートパイプを発見しました!このスマートフォンは前モデルに比べると稼働中、若干熱くなるようです。

  6. 昨年、HTC内蔵のPixel XLは圧着剤が付いたバッテリーを取り出す画期的な方法を見せてくれましたー内側に穴が開けられ、バッテリーの外側に付けられたラベルを引っ張って、ケースからバッテリーを取り出せました。そして簡単にラベルの残りを剥がせました。 今年、使用されているLGのインダストリアルなデザインは簡単にバッテリーを取り出せる仕組みを作っていないようです。(安らかに眠ってください、今はもう古めかしくなっちゃったLG) このバッテリー容量は13.6 Wh(3.85V で3520mAh)、昨年モデルの13.28Whと比べると若干増大しました。
    • 昨年、HTC内蔵のPixel XLは圧着剤が付いたバッテリーを取り出す画期的な方法を見せてくれましたー内側に穴が開けられ、バッテリーの外側に付けられたラベルを引っ張って、ケースからバッテリーを取り出せました。そして簡単にラベルの残りを剥がせました。

    • 今年、使用されているLGのインダストリアルなデザインは簡単にバッテリーを取り出せる仕組みを作っていないようです。(安らかに眠ってください、今はもう古めかしくなっちゃったLG)

    • このバッテリー容量は13.6 Wh(3.85V で3520mAh)、昨年モデルの13.28Whと比べると若干増大しました。

    • そしてこのバッテリー容量はSamsungのGalaxy S8+とほぼ肩を並べており、まんとかやり過ごしているiPhone 8 Plusの10.28 Whと比べるとかなり容量が大きいです。

  7. Baterías para ordenadores portátiles

    Un pequeño arreglo para un gran resultado.

    Comprar Ahora

    Baterías para ordenadores portátiles

    Un pequeño arreglo para un gran resultado.

    Comprar Ahora
  8. コッパー製のテープを剥がして、メインカメラからなるXLの野獣の首輪を外しましょう。 このカメラのメガピクセル数は昨年モデルと近いのですが、センサーは異なります。
    • コッパー製のテープを剥がして、メインカメラからなるXLの野獣の首輪を外しましょう。

    • このカメラのメガピクセル数は昨年モデルと近いのですが、センサーは異なります。

    • 今年Googleは光学式手ぶれ補正イメージデュアルピクセルセンサーに切り替えました。そして昨年の開口部f/2.0からf/1.8 に開きました。

    • さらに、新しいGoogleのレンズですか?いやいや違いますーでも実際のレンズでなくてもよいでしょう。

  9. フロントセンサーアレイの接続が外せましたが、今のところデバイス本体と繋がっています。ーこれから唐揚げ用のいい魚があるのです。 2、3の他のコネクターとセンサーアレイ全てがマザーボードを取り囲んでいます。ーミッドフレームに付けられたネジだけが唯一の留め金のようです! マザーボードを取り出しました!ですが、もう一つ小さくて足元にくっ付いてくるものがあります。フロントカメラです、これも取り出しましょう。
    • フロントセンサーアレイの接続が外せましたが、今のところデバイス本体と繋がっています。ーこれから唐揚げ用のいい魚があるのです。

    • 2、3の他のコネクターとセンサーアレイ全てがマザーボードを取り囲んでいます。ーミッドフレームに付けられたネジだけが唯一の留め金のようです!

    • マザーボードを取り出しました!ですが、もう一つ小さくて足元にくっ付いてくるものがあります。フロントカメラです、これも取り出しましょう。

    • 8 MPのフロントカメラは簡単に外せます。最新のiPhoneモデルよりもより高いピクセル濃度があるので一休みできます。

  10. さてチップですーこの基板上の全てのチップは小さなサハラ砂漠です。これらの幾つかのチップ名を書き出してみましょう! Samsung K3UH5H5 4 GB LPDDR4 mobile DRAM、Qualcomm Snapdragon 835が積層 Samsung KLUCG4J1ED 64 GB Universal Flash Storage
    • さてチップですーこの基板上の全てのチップは小さなサハラ砂漠です。これらの幾つかのチップ名を書き出してみましょう!

    • Samsung K3UH5H5 4 GB LPDDR4 mobile DRAM、Qualcomm Snapdragon 835が積層

    • Samsung KLUCG4J1ED 64 GB Universal Flash Storage

    • Avago AFEM-9046 KA1717 LB003 172604S6 00105

    • Qorvo QM78035 (恐らくRF Fusionモジュール?)

    • Skyworks 7360-2A 1716 HX

    • NXP 81A04 39 04 sSD730 (NFCコントローラーに類似)、Murata SS7715005 (Wifi/Bluetoothモジュールか?)

    • 最後に、ですがこれから開発が進む、Googleの第1号となる自社製品SoC(System-on-a-chip)であるPixel Visual Core、ラベル表記はSR3HX X726C502。現在、活動休止中のPixel Visual Core は Android 8.1が必要です、

  11. このパイ生地の下にもまだチップがあります。掘り出してみましょう: ST Microelectronics ST33G1M232 bit MCU with ARM SecurCore SC300
    • このパイ生地の下にもまだチップがあります。掘り出してみましょう:

    • ST Microelectronics ST33G1M232 bit MCU with ARM SecurCore SC300

    • これはApple Watch Series3に搭載されていたものと同じ、組み込み式SIM (eSIM)

    • QualcommWTR5975 Gigabit LTE RF トランシーバー

    • Qualcomm PM8998パワーマネージメントIC

    • Qualcomm PMI8998 003 7R71286 HE720 13

    • Qualcomm SMB1381 Quick Charge 4 IC

    • (Texas Instruments?) TI 75AQJH1 2557

  12. Pixelの肉塊を取り出したので、ケース側面の機能を見てみましょう。 ボリューム/ パワーボタンのスイッチはプラスチックフレームに付けられた1本のケーブル上に付けられています。 スピーカーアセンブリが次に取り出せます。すると最初に確認できるのが、ギッシリと詰まったセンサーです。
    • Pixelの肉塊を取り出したので、ケース側面の機能を見てみましょう。

    • ボリューム/ パワーボタンのスイッチはプラスチックフレームに付けられた1本のケーブル上に付けられています。

    • スピーカーアセンブリが次に取り出せます。すると最初に確認できるのが、ギッシリと詰まったセンサーです。

    • テクノロジーが実装される方法に基づくと、AppleのForce Touchトラックパッドに類似したものの登場が期待されています。 このセンサーをケースから取り出して、それから何かを想像できるでしょうか?

  13. さてここに、握る動作をするとどう反応するのか秘密が隠されていますーペアになっているセンサの半分は、Pixel 2 XLの横端を握るとこの動作を感知します。 センサはフレキシブルなプリント板回路基板で作られており、スチールのブロックでこの基板の両側を覆っています。そしてメタル製ビットの間の隙間を繋ぐようにひずみゲージが付けられています。 ひずみゲージは変形可能でセンシティブなレジスターで、握る動作をすると抵抗値がわずかに変動します。
    • さてここに、握る動作をするとどう反応するのか秘密が隠されていますーペアになっているセンサの半分は、Pixel 2 XLの横端を握るとこの動作を感知します。

    • センサはフレキシブルなプリント板回路基板で作られており、スチールのブロックでこの基板の両側を覆っています。そしてメタル製ビットの間の隙間を繋ぐようにひずみゲージが付けられています。

    • ひずみゲージは変形可能でセンシティブなレジスターで、握る動作をすると抵抗値がわずかに変動します。

    • スペーサーで分けられた2列のひずみゲージにより、このセンサーは単一のゲージストリップよりも高い解像度が得られ、わずかな歪みも検出することができます。

    • 握る動作をすると、外側のゲージが短くなり、内側のゲージが長くなります。この動作がpixelのハードウェアに次の動作を引き起こすための

  14. 丁寧にスパッジャーでこじ開けると、USB-Cポートアセンブリが顔を出します。 USB-Cポートを自社ボードに実装したポイントを詳しく見てみましょう。これは消耗しやすい部品で、マザーボードに直接はんだ付けされているため、修理が難しく、高価になるでしょう。 さらに、ヘッドフォンジャックがないため、メディア、さらに充電に使用するこのポートには、倍のストレスを感じるものと思われます。
    • 丁寧にスパッジャーでこじ開けると、USB-Cポートアセンブリが顔を出します。

    • USB-Cポートを自社ボードに実装したポイントを詳しく見てみましょう。これは消耗しやすい部品で、マザーボードに直接はんだ付けされているため、修理が難しく、高価になるでしょう。

    • さらに、ヘッドフォンジャックがないため、メディア、さらに充電に使用するこのポートには、倍のストレスを感じるものと思われます。

    • 今年の指紋センサーには、かなりきれいになったケーブル配線が施されているため、snap(=一瞬)でセンサーを取り外せます。(わかりますか?もちろん指のことです。)

  15. カットしやすい粘着フォームでディスプレイのガラスを押さえて固定しましたが、リアガラスはこれとは別物です。 まだGoogleが背面をすべてガラスにするトレンドに屈していないことをうれしく思います。この細かいガラスパーツは、耐久性とアンテナ電波の通りやすさとのギャップを埋めているように思われます。 このねばねばした粘着剤の山は、落下からガラスを保護する緩衝材としてここに取り付けられているものと考えています。どのような理由にせよ、十分に加熱して取り外す必要がありました。
    • カットしやすい粘着フォームでディスプレイのガラスを押さえて固定しましたが、リアガラスはこれとは別物です。

    • まだGoogleが背面をすべてガラスにするトレンドに屈していないことをうれしく思います。この細かいガラスパーツは、耐久性とアンテナ電波の通りやすさとのギャップを埋めているように思われます。

    • このねばねばした粘着剤の山は、落下からガラスを保護する緩衝材としてここに取り付けられているものと考えています。どのような理由にせよ、十分に加熱して取り外す必要がありました。

    • アンテナが張られたこの小さいカバーを外すと、ガラスを取り外して背面からのみアクセスできる、フロントセンサーケーブルが現れます。

  16. 最後に、接着されたカラスの裏の下に閉じ込められた2つのコンポーネントをさらに外していきます。 イヤホンスピーカーとNFC アンテナの両方がで出てきますが、少し熱を加えた後でさえ、それぞれがしっかりと接着されています。
    • 最後に、接着されたカラスの裏の下に閉じ込められた2つのコンポーネントをさらに外していきます。

    • イヤホンスピーカーとNFC アンテナの両方がで出てきますが、少し熱を加えた後でさえ、それぞれがしっかりと接着されています。

  17. これが非常に細かいパーツにまで分解したPixel 2 XLです。非常にクールですね。
    • これが非常に細かいパーツにまで分解したPixel 2 XLです。非常にクールですね。

  18. Consideraciones Finales
    • 多くの部品がモジュール式で、ディスプレイアセンブリを取り外すと交換できます。
    • ねじはすべて#00プラスねじで、9本しか使用されていません。
    • ディスプレイはこれまで通りに薄く、補強も不十分(特にグリル周囲)ですが、粘着フォームにより分解工程が楽になっています。
    • バッテリーからプルタブ粘着剤が消えたことと、固い壁で囲まれた取り付け方式により、取り外しがかなり困難になっています。
    • 強固なミッドフレームと、固く取り付けられたディスプレイケーブルカバーにより、修理には骨が折れるようになりました。
    Calificación de Reparabilidad
    6
    Reparabilidad 6 de 10
    (10 es lo más fácil de reparar)

Un agradecimiento especial a estos traductores:

100%

Estos traductores nos están ayudando a reparar el mundo! ¿Quieres contribuir?
Empezar a traducir ›

Great work, so quick! What can you tell about the Pixel Core chip? which was the surprise revelation from google. Does it look similar to other neural chips from iphone or huawei mate 10 pro?

Muthukumaran N M - Contestar

Do you know what camera sensor is used in the 2 XL? Rumours have it as the same base sensor as the LG.

Jon - Contestar

Like to see the new Google SoC. Suppose to do 3 trillion operations a second so would like to how big. Does not appear you listed?

Edit: Woops! I see in step 9. Thanks!

Jack Smith - Contestar

Well… is this or is this not the same display that was in the V30? I could be wrong, but it seems pretty obvious to me in spite of the disagreements that people are having about it.

Ben Kalziqi - Contestar

Maybe the same OLED unit, but the front glass is clearly not the same. Also the cables are way different.

iliketurtuls -

Agregar Comentario

Ver Estadísticas:

Ultimas 24 Horas: 41

Últimos 7 Días: 376

Últimos 30 Días: 1,612

Todo El Tiempo: 160,563